自分でもできる発毛方法

発毛のメカニズム

そもそも髪の毛は何か特別な対策をしていなくても、発毛は自然と行われているものなのです。
しかし、その発毛の過程にはさまざまな細胞が複雑かつ巧妙な仕組みで働いているのです。
この、それぞれの細胞に「栄養素」と「酸素」が血液の循環を通して頭皮に送られて、髪の毛の発毛につながっていくのですが、
その時に重要な役割を果たしているのが、発毛の司令塔と呼ばれてい「毛母細胞」です。
発毛の過程には、先ほども説明したように、本当に様々な細胞や生体分子が関わっています。

一例をあげると、
毛母細胞、外毛根鞘細胞、内毛根鞘細胞、毛乳頭細胞、脂肪細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、メラノサイト・・・などなど、
この他にも、発毛やヘアサイクルの制御に欠くことができない物質もたくさんあり、それぞれが発毛の大事な過程において役割を担っているのです。

これらの「発毛」隊のメンバーは“シグナル伝達物質”と呼ばれています。
新しい髪を生やす、というシグナルが、これら細胞や生体分子のメンバー間で駆け巡り、
発毛へとつながっていくのですが、このシグナル伝達物資を司令塔を担っているのが、「毛乳頭細胞」なのです。

「毛乳頭細胞」は頭皮の血管の近いところにあります。血管を通じて運ばれた栄養素や酸素が
毛母細胞を活性化し、発毛シグナルを伝達します。
尚、髪の毛は生え続けるわけではなく、抜ける時期もあります。つまり、成長→休止→脱毛というサイクルを繰り返しているのです。
このサイクルについては次のページで解説します。

MENU

おすすめリンク

発毛は続けることに意味がある
今最も注目しているサイト。発毛に関する豆知識の他、ここでは扱っていない発毛剤のランキングを掲載します。

ハゲとかつら
発毛でどうにもならなかったら次の選択肢はかつらになるのではないでしょうか?そんなかつらについてまとめたサイトです。